感染で気を付ける事

病院B型肝炎と言っても急性のものと慢性的なものと2つに分けられることをご存知でしょうか。2つとはB型急性肝炎とB型慢性肝炎の2つのことになります。急性の場合には一般的には一定の期間が経つと症状は回復していきますが、そうならない場合もあるとされています。症状が治まらないまま、そのままにしておく元々は肝炎かだったものが肝硬変や、肝臓癌など他の病気に発展してしまう場合もあります。この可能性を疑うことができる際には必ず医療機関を受診する必要があります。

もう一点、B型肝炎に感染してしまった場合に気を付けるべきことが挙げられます。それは、胎児が母体の中でウイルスに感染してしまった場合です。なぜ、この場合に注意が必要なのかというと胎児が母胎感染してしまった時に、生まれてからすぐに症状が出るというわけではないとも言われているからです。母体内で感染してしまった胎児は具体的に言えば思春期になるまでは、発症しにくいとされています。これは思春期になっていくと同時に体の免疫が病原物質を認識できるようになるためにこのように言われています。これが、まだ発達していないと体内にとって悪いものだという認識をしないため、症状が出ることなく体内にただとどまり続けるという風になります。

B型肝炎はどんな病気

おばちゃんB型肝炎は、日本人の中では100人に1人は感染しているという肝臓の病気だと聞きます。B型肝炎ウイルスに感染してしまうと肝臓にウイルスが感染することによって肝臓の細胞が炎症によって破壊されてしまう病気である肝炎を起こすという仕組みになっており、病状の経過としては最初、慢性的な肝炎であったものが進んでしまうと肝硬変などの別の病気に変化してしまうとされています

一般的にはウイルスや、アルコールなどによって、肝臓が傷ついてしまった時に、肝臓の傷を治すために、コラーゲンという物質が集まり、このコラーゲンが集まることによって修復した肝臓の表面は固くなり、肝硬変とはこの状態の事を指すとされています。ここから肝臓が固くなってしまうことによって、黄疸症状が出るなどの肝臓の機能が低下してしまうことによって他の症状を引き起こすとされている病気です。

そこからさらに進むことによって、日本人の死亡する原因として1位とされている肝臓癌になってしまう可能性もあります。また、B型ウイルス肝炎には感染してすぐに症状が治まる一過性のものと、持続的に症状が現れるとされている持続的なものが挙げられています。このかかり方の違いは、一概に同じとは言うことはできませんが、感染した経路やその時の健康状態によっても変わってくると言われています。例えば、感染しても症状も何も出ない人もいれば、かかってしてしまうと死に至る人もいるほど重症化してしまう人もいるということです。

給付金受給の法律とは

注射前述で記載したように過去に集団予防接種を行った際に、注射器の使いまわしをしたことによって、ウイルスを媒介として広まった病気についての問題を解決するために作られた法律がB型肝炎特別措置法になります。この法律は提示された条件によって、もらえる給付金の額は異なり条件を見る限りでは、その後の症状の大きさによってもらえる額が大きくなっています。例えば、このことが起因したことによって肝硬変になったり、死亡してしまったりなどということになってしまった場合には決まった給付金をもらうことができるようになっています。また、給付金を受け取ることができるのは、かかってしまった本人だけではありません。当人がこのことが原因で存命でない場合はその相続人が給付金を受け取ることも可能となっています。

ここではまず、B型肝炎の感染経路について理解を深めていきます。感染経路については人によってさまざまであるとされています。例えば子供の場合であれば、B型肝炎に感染している母親の体の中で育った子供が感染してしまうというパターンも多いです。そもそも体内にB型肝炎ウイルスを含んだ体液や血液が入ってしまうことによって感染してしまう病気であるB型肝炎は、それが大人の場合であれば、性行為の際に感染してしまうこともあり得ます。この他にも、傷口から侵入してしまうなど、自分が予期しない間に感染してしまっているという場合もある。ひょんなことからB型肝炎ウイルスに感染してしまうこともあるので注意が必要です。

B型肝炎特別措置法

テレビのニュースで一時期B型肝炎という病気について放映されていました。このB型肝炎という病気は肝臓の病気とされています。最初は肝臓にウイルスが感染するということで肝臓の炎症である肝炎になるのですが、ここから症状が悪化してしまうと肝臓の細胞組織が固まってしまう肝硬変や最悪の場合だと肝臓癌となってしまうと言われています。

沢山の人この病気に感染してしまう原因として挙げられているのが、B型肝炎ウイルスに感染してしまっている方の体液や血液が体内に侵入することによってかかるとされています。このことを受けて、昭和ごろから、保健所や病院などで集団予防接種が行われていました。しかし、当時の集団予防接種では予防接種に使用される注射器を使いまわしていたという事実があり、その使いまわしによってB型肝炎ウイルスの感染が広まっていしまったということがありました。

この問題を解決すべく、B型肝炎特別措置法といって、この集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった人に給付金を受給する法律が出されました。この給付金を受け取るためには自分で給付金を申し込む方法もありますが、弁護士に依頼することも可能となっています。また、請求するにあたって、具体的にこの病気がどんな病気か、ウイルス感染してしまうきっかけは把握しておく必要があるでしょう。

この記事では、B型肝炎特別措置法の内容を理解するにあたって、B型肝炎とはどんな病気なのかや、感染する仕組みについて解説しています。B型肝炎特別措置法について理解を深めたい方にとって少しでも有益な情報を提供できれば幸いでございます。

◇関連リンク◇http://www.adire-bkan.jp/
B型肝炎の給付金について相談にのっている弁護士法人アディーレです。