B型肝炎特別措置法

テレビのニュースで一時期B型肝炎という病気について放映されていました。このB型肝炎という病気は肝臓の病気とされています。最初は肝臓にウイルスが感染するということで肝臓の炎症である肝炎になるのですが、ここから症状が悪化してしまうと肝臓の細胞組織が固まってしまう肝硬変や最悪の場合だと肝臓癌となってしまうと言われています。

沢山の人この病気に感染してしまう原因として挙げられているのが、B型肝炎ウイルスに感染してしまっている方の体液や血液が体内に侵入することによってかかるとされています。このことを受けて、昭和ごろから、保健所や病院などで集団予防接種が行われていました。しかし、当時の集団予防接種では予防接種に使用される注射器を使いまわしていたという事実があり、その使いまわしによってB型肝炎ウイルスの感染が広まっていしまったということがありました。

この問題を解決すべく、B型肝炎特別措置法といって、この集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった人に給付金を受給する法律が出されました。この給付金を受け取るためには自分で給付金を申し込む方法もありますが、弁護士に依頼することも可能となっています。また、請求するにあたって、具体的にこの病気がどんな病気か、ウイルス感染してしまうきっかけは把握しておく必要があるでしょう。

この記事では、B型肝炎特別措置法の内容を理解するにあたって、B型肝炎とはどんな病気なのかや、感染する仕組みについて解説しています。B型肝炎特別措置法について理解を深めたい方にとって少しでも有益な情報を提供できれば幸いでございます。

◇関連リンク◇http://www.adire-bkan.jp/
B型肝炎の給付金について相談にのっている弁護士法人アディーレです。