給付金受給の法律とは

注射前述で記載したように過去に集団予防接種を行った際に、注射器の使いまわしをしたことによって、ウイルスを媒介として広まった病気についての問題を解決するために作られた法律がB型肝炎特別措置法になります。この法律は提示された条件によって、もらえる給付金の額は異なり条件を見る限りでは、その後の症状の大きさによってもらえる額が大きくなっています。例えば、このことが起因したことによって肝硬変になったり、死亡してしまったりなどということになってしまった場合には決まった給付金をもらうことができるようになっています。また、給付金を受け取ることができるのは、かかってしまった本人だけではありません。当人がこのことが原因で存命でない場合はその相続人が給付金を受け取ることも可能となっています。

ここではまず、B型肝炎の感染経路について理解を深めていきます。感染経路については人によってさまざまであるとされています。例えば子供の場合であれば、B型肝炎に感染している母親の体の中で育った子供が感染してしまうというパターンも多いです。そもそも体内にB型肝炎ウイルスを含んだ体液や血液が入ってしまうことによって感染してしまう病気であるB型肝炎は、それが大人の場合であれば、性行為の際に感染してしまうこともあり得ます。この他にも、傷口から侵入してしまうなど、自分が予期しない間に感染してしまっているという場合もある。ひょんなことからB型肝炎ウイルスに感染してしまうこともあるので注意が必要です。