B型肝炎はどんな病気

おばちゃんB型肝炎は、日本人の中では100人に1人は感染しているという肝臓の病気だと聞きます。B型肝炎ウイルスに感染してしまうと肝臓にウイルスが感染することによって肝臓の細胞が炎症によって破壊されてしまう病気である肝炎を起こすという仕組みになっており、病状の経過としては最初、慢性的な肝炎であったものが進んでしまうと肝硬変などの別の病気に変化してしまうとされています

一般的にはウイルスや、アルコールなどによって、肝臓が傷ついてしまった時に、肝臓の傷を治すために、コラーゲンという物質が集まり、このコラーゲンが集まることによって修復した肝臓の表面は固くなり、肝硬変とはこの状態の事を指すとされています。ここから肝臓が固くなってしまうことによって、黄疸症状が出るなどの肝臓の機能が低下してしまうことによって他の症状を引き起こすとされている病気です。

そこからさらに進むことによって、日本人の死亡する原因として1位とされている肝臓癌になってしまう可能性もあります。また、B型ウイルス肝炎には感染してすぐに症状が治まる一過性のものと、持続的に症状が現れるとされている持続的なものが挙げられています。このかかり方の違いは、一概に同じとは言うことはできませんが、感染した経路やその時の健康状態によっても変わってくると言われています。例えば、感染しても症状も何も出ない人もいれば、かかってしてしまうと死に至る人もいるほど重症化してしまう人もいるということです。